pl-2014171997071

私たちの日々食べているお米、

そのなかで、現代の効率優先の農法でそだったお米のなかには、傷ついて発芽できないお米があることを知っているでしょうか?

あるいは、発芽できても、うまく育てない発芽不良のおコメが多くまじっていることを知っているでしょうか?

これはそのお米がすでに「生きていない鮮度の低いお米』ということなんです。

 

はじめまして、このお米の生産者のくら里木と申します。

私たちは以前、都内の自然食のおむすび専門店ではたらいていました。

その時あつかっていたおコメは、どれもエネルギーのある美味しいおコメで、発芽玄米にしてもしっかりと発芽してくれるおコメでした。

 

玄米=種ですので、発芽する(生きている)のが当たり前と思っていましたし、そのおコメを日々食していく中で、カラダは以前にもまして健やかになり、『私たちのカラダは食べたものでできている』ということをあらためて実感しました。

 

その後、私たちは5年前に、夫婦で念願のお米作りができる自然豊かな地をめざし、東京から山口県にある向津具半島へ移住し、

原生林が残る自然ゆたかな半島でお米を栽培し、全国のかたにお届けしております。

 

おコメを消費する立場から、生産する立場にもなり、以前よりさらに色々なお米にふれる機会が多くなるなかで気付いたのが、

『生きて発芽できるおコメばかりではない』ということです。

 

・ふだんは精米して食べるけど、なんだか日々のお米においしさや鮮度を感じない。

・体質改善やデトックス、健康のために玄米をたべているけど、変化が実感できない。

・アブシジン酸やフィチン酸が気になるのでじぶんで発芽玄米にしてみるけど、玄米が発芽しないor発芽しないお米が多い

・アレルギー体質なのであっさり系の品種をたべるけど、しっくり来るお米にであえていない。

 

この中の一つでもあてはまることはないでしょうか?

ひょっとしたらそれは『生きていないお米』が原因かもしれません・・。

 

お米が生きている。健全に育つことができる。

当たり前の状態と思われそうですが、私たちがふだん食べているおコメで、これがしっかりと実現できているものは、

実際はかなり少ないのが現状です。

 

お米は秋に収穫されたものを、その後の1年間保存しながら食べる作物(たべもの)です。

効率を優先されて栽培され続けた結果、秋の時点で発芽できない、発芽してもうまく育たない状態になったおコメは、

秋の時点から酸化が始まり、味にしても栄養価にしても、どんどんと低下していくばかりで、

こういったお米になってしまっては、ご自分やたいせつなご家族のカラダのために、こだわったお米をおいしく食べたいと願っていても、

その想いを支える土台になるとは思えません。

 

農薬の有無などはもちろん大事なことですが、

健全に育つことのできる『生きているエネルギーのある美味しいお米』であるかどうかは、同じぐらい大切なことだと思います。

 

 

 

7代先まで食べ続けていきたいお米を目指して・・。

 

~森の栄養が海を豊かにすることを知っていた半島の原生林の天水で生きているお米づくり!~

20151004083152929

 

その昔、楊貴妃が流れついたといわれる、ここ向津具(むかつく)半島。

山からの栄養が海をゆたかに保つことを知っていた先人は、

3本の川が流れこむ、この海の豊かさを守るべく、杉やヒノキの植林をしなかったので、広葉樹の原生林が多くのこっています。

この昔ながらのゆたかな広葉樹の森から流れてくる豊富なミネラルを含んだ水が、

実はお米を作る環境にもとても大事で、わたしたちの『生きているお米』にはなくてはならないものの一つになっています。

 

毎年の自家採種 & 三つ子の魂、百まで農法でおコメづくりをスタート!

P1080612

 

近年は人間のつごうで稲にとって無理な早い時期から、ハウス内などで加温して苗をそだてるため、苗は軟弱にそだち、 そのことがいろいろな病気や栄養価の低いお米をつくる原因にもなっています。

 

人間でも同じことがいえますが、3歳になるまでに作られたカラダというのが非常に大事であるということに習い、私たちは、寒暖の差で稲が強くそだつようハウスや加温施設をつかいません。

 

さらに手間がかかりますが、先人の知恵である昔ながらの農法を出来るだけ取り入れ、
自然のリズムにあった『水苗代』をつくり、毎年の『自家採取』をおこなって、
この土地に適した強いお米に、年々近づいていきます!

昔ながらのやり方で、健全で健康な幼少期をすごした苗が、『生きているお米』になる大切なスタートになっています!

 

最終的に、発芽率90%以上の生きているおいしいお米に!

発芽

 

私たちのお米のこだわりの栽培の最後の一つに、『お米の乾燥』があります。

 

通常、おコメは、収穫されたあと、穀物乾燥機で乾燥されますが、ここでも効率を優先すれば、お米をいためてしまう原因にもなります。

 

私たちは、『生きているお米』作りの最後のしあげとして、天日干しを手本とし、熱を加えず風だけで乾燥したり、種用の低温でじっくり乾燥させることで、すべての品種で生きた発芽率の高いエネルギーとおいしさにあふれたお米作りをしています。
生きているお米作りの栽培のこだわりをすべてこちらに載せきれませんが、
結果は活き活きと発芽してくれるその発芽率にも表れていると思います。
毎年、皆さまにお届けするお米と同じお米を、私たちも種もみとして翌年まきますので、単に生きて発芽するだけではなく、たくましく、力強く発芽してくれるお米を作ることを非常に大切にしています!
お米を作っているという感覚よりも、種を作っている、という感覚のほうが強いかもしれません。
いかに力強い『種』を作り、繋いでいくか。
これは種取りをしていた昔のお百姓さんなら当たり前に考えていたことです。

 

しかし、そのことが、結果的に、美味しくて力強く栄養のあるお米を作っていることになると思っています。
私たちも発芽実験をおこないますが、すべての品種で90%以上発芽する、しかも健全に育つことのできる『生きているお米』が栽培できています。

 

残留農薬・放射能ゼロのお米!

bigjoyshota-img849x1200-1519302701vuttxg29535bigjoyshota-img849x1200-1519302701dicgb629535

どんなに良いおコメでも、最終的に残留がないことがなにより大事なことと考え、当農園では定期的に200項目の残留農薬と放射能検査をおこなっています。

このような検査をとりいれて美味しく安全なお米をお届けしたいと思います。結果、すべて検出せずとなっています。

 

~どうして生きているお米が良いの?~

ヤフオク用画像2

 

玄米はもちろん、分づきまい、白米で食べるばあいも、食べる直前まで鮮度の高い生きているお米であったかどうかは、お米のおいしさ・栄養にも直結してきます!

 

発芽玄米にして食べる方も、お米の発芽率が高ければ、発芽率が良い分、フィチン酸やアブシジン酸が残留しません。

 

私たちのカラダは生きています。
色々な機能性食品や、健康食品がありますが、人工的に作られたものではない、
生きているモノ、あるいは直前まで生きていた食物を直接取り入れることの、好影響は計り知れないと思います。
日本人の内臓は、お米を消化するのにもっとも適した作りになっています。
お米から栄養をとるのに最も適した内臓ということです。
それは、何十年、1世代、2世代といった短いスパンで変わることはありません。

 

急激に変わっていく食文化の中で、日々の主食だけでも、昔のお百姓さんが作り、日本人が食していたであろう、『生きているお米』を食べてほしいと思います。

 

7代先まで食べ続けていきたいお米を目指して、まだまだ私たちも奮闘していきます!
 

この生きているお米が、私たち日本人が本来持つ美しさや、健やかさを取りもどし、日々のゆたかな暮らしの土台づくりのきっかけになれば幸いです。

 

『生きているお米』を食べてくださっているお客様の声(一部)

voice-001

ご感想ありがとうございます。

子供のころにカラダの色々な機能が完成すると言われていますので、その時期のたべ物というのはとても大事です。

味覚ができあがるのも子供のうちですから、お米もふくめて本当においしくて安全なものを食べていただきたいと思います。

お客様の声2

自分の食べるものがどこで、どうやって作られているのかわかっていると、食卓がさらに豊かになりますよね。

ホームページでも私たちの田んぼの様子をお届けしていきますので、稲の成長をいっしょに見守っていただければと思います。

これからも本州のはしっこから、『山』や『海』や『生き物』たちに育まれた、生きているおいしいお米をお届けしていきたいと思います。

お客様の声3

アレルギーをお持ちのかたは食生活にほんとうに苦労されていると思います。お米で言えば、品種(アミロース値)、残留農薬などは気をつけられているかたは多いですが、

お米が生きているかどうかも、お米の酸化度、消化器系への負担などを考えると、影響が大きいのではと思います。

まずは少量から試して、ごじぶんのお身体の調子と相談されながら続けていってほしいと思います。

 

 

さいごに・・  

 13418545_724400797698840_5381622862225065097_o (3)

 

たまのハレの日には外食をしたり好きなものを食べることもおおいに良いことだと思いますが、

日々の食はどんな人がどうやってつくったものなのかを知っていて、

安全で、安心できる食べものを口にすることが、

身体、しいては心の健康にもつながる大切なことだと思います。

 

生産者として、栽培するものが安心、安全なこと、おいしいことも大事だとこだわっていますが、私たちのこだわりなんて遥かにおよばないと思えるものが存在していると、米作りをしてみてわかりました。

 

それは、この土地や棚田を何百年にもわたってまもってきた先人や、この土地の人達の覚悟や忍耐、生き抜く知恵といったものです。

 

しかしながら、今、そんな貴重ないとなみが、消えていこうとしています。

 

その場にかかわる者として、昔ながらの農法や知恵、のこしていきたいものを大切にし、あたらしい私たちの価値観も取りいれながら、このお米を食べてくれる方々とも共有できたらとてもうれしく思います。

 

現在では、年間にのべ500人以上の方にお米をお届けできるようになりました。

 

消費者であると同時に、生産者にもなった私たちの願いは、『生きてるエネルギーあふれる美味しいお米』があたり前のように食べられる環境を消費者、生産者みんなでつくり、

消費する側も生産する側も、今よりもっともっと日々を健康に、ゆたかに楽しく生きることができるようになることです。

 

私たち生産者は『生きているエネルギーあふれるおいしいお米』を目指し、いまいちど、自然界に自生する稲にならった農法で、お米づくりを見直す必要があると感じています。

 

このお米が気になったかた、まずはお試し2kgをご用意していますので、

召し上がっていただけたら幸いです。

 

 

『生きているお米の定期宅配』・・まずはお試し2kgをご用意していますので、ぜひお試しください。

 

アマゾン生きているお米 縮小
自然栽培 ササニシキ お試し 玄米2kg
[無農薬・無肥料・残留農薬・放射能ゼロ]
 

全国送料無料 3000円

 

定期宅配時の価格 5kg 4,950円(税込・送料別)

ササニシキが体質改善・食事療法に使われるのは、モチ米の遺伝子の入っていない昔から日本人が食していたあっさりしたお米なので、日本人の胃腸にとって最適で消化に負担が少ないためです。
味は二の次と思われがちですが、広葉樹の森からのミネラルが豊富に流れこむ私たちの棚田でそだったササニシキは、
お米本来の香りがあり、滋味深いお米の味がするのに、さっぱりとしていて、食べ飽きません。
コシヒカリ系の遺伝子が全くはいっていない、『昔の日本人が食していたお米』です。
 
アマゾン生きているお米 縮小
 
 無農薬栽培 ヒノヒカリ お試し  玄米2kg 
[無農薬・無化学肥料・残留農薬・放射能ゼロ]

 

全国送料無料 2800円

 

定期宅配時の価格 5kg 3,950円(税込・送料別)

この地では、コシヒカリよりもこちらのヒノヒカリが美味しく育ちます。粘り、モチモチ感、香り、甘味なども、全てのバランスがとれた西日本を代表するお米。

アマゾン生きているお米 縮小
 減々農薬栽培 ヒノヒカリ お試し  玄米2kg
[殺虫剤・消毒剤など完全不使用・初期除草剤1回のみ使用・残留農薬・放射能ゼロ]
 

全国送料無料 2600円

 

定期宅配時の価格 5kg 2,950円(税込・送料別)

 この地では、コシヒカリよりもこちらのヒノヒカリが美味しく育ちます。粘り、モチモチ感、香り、甘味なども、全てのバランスがとれた西日本を代表するお米。
 
 
 
 
生きているお米黒米切抜き (6)生きているお米の古代米黒米 
[無農薬・無化学肥料・残留農薬・放射能ゼロ]

全国送料無料 1700円

 

 
 私たちの黒米は、特にアントシアニン、ポリフェノール等の抗酸化成分の豊富な品種を選び、あえて遅い時期に田植えをして、寒さにあてることで、より機能性成分の含有量も多くなるというこの古代米の特徴を生かした栽培をしています!
 
 
生命力が強いという意味では生きているお米の中でも間違いなくNO,1です!
それだけに作りにくく、稲穂の持つ香り(フェロモン)も強いためスズメや猪といった動物たちが好むため、まもりながら育てています。
白米を炊く時に1割ほど混ぜて炊くと、栄養価が上がる上、モチモチした食感ときれいな色が楽しめます。
 
黒米はもっとも気軽に食べれるスーパーフードのひとつ!私たちが本来持つ健やかさや、美しさを保つためにもブルーベリー以上のポリフェノールを含む、日本古来からのこの古代米黒米を毎日の食卓に取り入れてみて下さい!